新着情報

新刊・話題の本

 

好評発売中

第19回
「歴史浪漫文学賞」
    大賞受賞作


ふること語り

─渡来の大族・秦氏を育てた長たち─

山本 範正(やまもと のりまさ)著

体裁 46判/並製本/本文212頁
定価:本体1,500円+税
ISBN 978-4-87302-697-8 C0093


天平のなかば、平城京の外れにある庵で、秦氏に連なる市井の史家が知己を相手にいつもの語りに興ずる。敬愛する先祖たちの逞しい生き様に思いを馳せ、聞き手とともに千古の世に分け入り、その虚実の境に遊び、珍談奇談に耽る。
第19回「歴史浪漫文学賞」大賞受賞作品。


   

 

好評発売中

地の果てへ

〜最後の贈り物〜

高見 翔(たかみ しょう)著

体裁 B6判/並製本/本文250頁
定価:本体1,300円+税
ISBN 978-4-87302-714-2 C0093


孫のため、地の果て・ヤマルへと旅立った男。命を賭してまでも、贈りたかったものとは? 永久凍土が溶ける時、人類の受難が始まる。表題作含む全3編を収録した短編小説集。

 

好評発売中

戦後 日本史

─米国の対日政策の歴史─

冨田 和夫(とみた かずお)著

体裁 46判/上製本/本文308頁
定価:本体1,800円+税
ISBN 978-4-87302-711-1 C0095


時系列に沿って歴史の連続的・継続的発展を史実にたどり解説した比類なき歴史評論。

 

好評発売中

水無月の雨 ―細川家騒動―

斎藤 光顕(さいとう みつあき)著

体裁 46判/並製本/本文302頁
定価:本体1,350円+税
ISBN 978-4-87302-709-8 C0093


乱世から太平の世への移行期に如何に細川家を存続させるか、それぞれの思惑が交錯し、意地と意地とがぶつかり合う。細川家中を剣術兵法の奥義を通して描き出す。


 

好評発売中

空蝉の城 ―穴太者異聞―

西野 喬(にしの たかし)著

体裁 46判/上製本/本文354頁
定価:本体1,600円+税
ISBN 978-4-87302-712-8 C0093


加藤清正と穴太者と肥後侍・領民が心血注いで築いた天下一の堅城・熊本城。円弧を描く城石・武者返しは如何に組まれたのか。阿蘇樹海へ続く抜道に秘められた清正の想いとは。大好評「穴太者異聞シリーズ」第3弾。


 

好評発売中

スナック・
   ファンタジー


佐山 啓郎(さやま けいろう)著

体裁 46判/並製本/本文256頁
定価:本体1,300円+税
ISBN 978-4-87302-710-4 C0093


10代、20代、そして60代。人生に二度ある青春時代、私たちは模索しながらも輝いていた。戦前に生まれ、復興期に青春時代を過ごし、安保闘争を体験した世代の人生を追懐するレクイエム。


 

好評発売中

東村山カルガモ物語

文:崎上 玲子(さきがみ れいこ)
絵:根本 比奈子(ねもと ひなこ

体裁 A5判/並製本/本文16頁
定価:本体800円+税
ISBN 978-4-87302-708-1 C8795


東村山駅前のふん水に誕生した九羽のカルガモの赤ちゃん。毎年この街にやってくるみんなのアイドルが絵本になりました。
※効果音の入ったBGMと「ふん水とカルガモたち」の歌を下記サイトより無料でダウンロードできます。

[ダウンロード]


※YouTubeでも視聴可能ですので、下記サイトよりご利用ください。

「東村山カルガモ物語」使い方ガイド
(ご案内 嘉久京子)
https://youtu.be/LPMlX5xTSsE

「ふん水とカルガモたち」(歌:神楽)
https://youtu.be/tNKdwq-Evww

東村山カルガモ物語
(読み聞かせ用BGM〜ふん水とカルガモたち)
https://youtu.be/-mH0wYQ8d3k

 

好評発売中

岩佐又兵衛

〜浮世絵を作った男〜

小室 千鶴子(こむろ ちづこ)著

体裁 46判/上製本/本文358頁
定価:本体1,600円+税
ISBN 978-4-87302-707-4 C0093


大胆に己をえぐり出し、生命の本質をあぶり出した鬼才・岩佐又兵衛。浮世絵を作った男の生涯を描いた時代小説。

 

好評発売中

元祖日本のリーダー
足利尊氏

天美 大河(あまみ たいが)著

体裁 46判/上製本/本文220頁
定価:本体1,200円+税
ISBN 978-4-87302-705-0 C0095


時代の大きなターニングポイントに現れ、日本という国体を根本から作り直そうとした尊氏の精神構造を分析し、時代背景とともに検証する。

 

好評発売中

日本橋の桃青

─若き芭蕉がゆく─

松浦 節(まつうら たかし)著

体裁 46判/並製本/本文284頁
定価:本体1,500円+税
ISBN 978-4-87302-704-3 C0093


伊賀上野農人町の金作少年が到達した万人に愛される蕉風の原点とは。若き日の芭蕉を描いた時代小説。

 

好評発売中

藤村多希

─明治を生きた産婆─

渡辺 せつ子(わたなべ せつこ)著

体裁 46判/並製本/本文184頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-703-6 C0093


西洋医学の知識をベースに、母体を守り新生児の命を取り上げた黎明期の産婆・多希の生涯。女性の自立と命の尊厳を描く。

 

好評発売中

令和万葉秘帖

〜長屋王の変〜

大杉 耕一(おおすぎ こういち)著

体裁 46判/並製本/本文256頁
定価:本体1,200円+税
ISBN 978-4-87302-702-9 C0093


大伴旅人、山上憶良ら九州を代表する官人歌人三十二名が「梅花」を主題に我が国において空前絶後の歌宴を催した。万葉集誕生の秘密に迫る歴史浪漫シリーズ。

 

好評発売中

『この世界の片隅』
 を生きる
 〜広島の女たち〜

堀 和恵(ほり かずえ)著

体裁 46判/上製本/本文212頁
定価:本体1,500円+税
ISBN 978-4-87302-700-5 C0095


山代巴、大田洋子、こうの史代、そして歴史の語り部たち……。ヒロシマを生きる主人公すずのひたむきな姿が心をうつ『この世界の片隅に』が誕生したその背景を紐解く。そして同時に被爆体験を継承するとはどういうことかを真摯に考えた書。

好評発売中

改訂版
国立故宮博物院案内


清水 仁(しみず じん)編著
体裁 A5判/並製本/本文304頁
定価:本体2,800円+税
ISBN 978-4-87302-348-9 C0070


世界四大博物館の一つであり、60万点を超える中華民族の文化遺産を収蔵する故宮博物院の国財を玉・書・絵画・陶磁器などに分類し、オールカラーにて図説。台湾観光協会推薦。日本図書館協会選定図書。


トップページへ戻る