新着情報

新刊・話題の本

 

好評発売中

第19回
「歴史浪漫文学賞」
    大賞受賞作


ふること語り

─渡来の大族・秦氏を育てた長たち─

山本 範正(やまもと のりまさ)著

体裁 46判/並製本/本文212頁
定価:本体1,500円+税
ISBN 978-4-87302-697-8 C0093


天平のなかば、平城京の外れにある庵で、秦氏に連なる市井の史家が知己を相手にいつもの語りに興ずる。敬愛する先祖たちの逞しい生き様に思いを馳せ、聞き手とともに千古の世に分け入り、その虚実の境に遊び、珍談奇談に耽る。
第19回「歴史浪漫文学賞」大賞受賞作品。


 

好評発売中

空蝉の城 ―穴太者異聞―

西野 喬(にしの たかし)著

体裁 46判/上製本/本文354頁
定価:本体1,600円+税
ISBN 978-4-87302-712-8 C0093


加藤清正と穴太者と肥後侍・領民が心血注いで築いた天下一の堅城・熊本城。円弧を描く城石・武者返しは如何に組まれたのか。阿蘇樹海へ続く抜道に秘められた清正の想いとは。大好評「穴太者異聞シリーズ」第3弾。


 

好評発売中

スナック・
   ファンタジー


佐山 啓郎(さやま けいろう)著

体裁 46判/並製本/本文256頁
定価:本体1,300円+税
ISBN 978-4-87302-710-4 C0093


10代、20代、そして60代。人生に二度ある青春時代、私たちは模索しながらも輝いていた。戦前に生まれ、復興期に青春時代を過ごし、安保闘争を体験した世代の人生を追懐するレクイエム。


 

好評発売中

東村山カルガモ物語

文:崎上 玲子(さきがみ れいこ)
絵:根本 比奈子(ねもと ひなこ

体裁 A5判/並製本/本文16頁
定価:本体800円+税
ISBN 978-4-87302-708-1 C8795


東村山駅前のふん水に誕生した九羽のカルガモの赤ちゃん。毎年この街にやってくるみんなのアイドルが絵本になりました。
※効果音の入ったBGMと「ふん水とカルガモたち」の歌を下記サイトより無料でダウンロードできます。

[ダウンロード]

 

好評発売中

岩佐又兵衛

〜浮世絵を作った男〜

小室 千鶴子(こむろ ちづこ)著

体裁 46判/上製本/本文358頁
定価:本体1,600円+税
ISBN 978-4-87302-707-4 C0093


大胆に己をえぐり出し、生命の本質をあぶり出した鬼才・岩佐又兵衛。浮世絵を作った男の生涯を描いた時代小説。

 

好評発売中

元祖日本のリーダー
足利尊氏

天美 大河(あまみ たいが)著

体裁 46判/上製本/本文220頁
定価:本体1,200円+税
ISBN 978-4-87302-705-0 C0095


時代の大きなターニングポイントに現れ、日本という国体を根本から作り直そうとした尊氏の精神構造を分析し、時代背景とともに検証する。

 

好評発売中

第19回
「歴史浪漫文学賞」
    優秀賞受賞作


宇賀島水軍伝

乾 浩(いぬい ひろし)著

体裁 46判/上製本/本文314頁
定価:本体1,600円+税
ISBN 978-4-87302-699-2 C0093


忽然と歴史から消えた戦国の海賊・宇賀島十郎左衛門が率いる伝説の水軍。縦横無尽に船を走らせ、半島や大陸までも出向いた剛の者たちの姿を描き出す。
第19回「歴史浪漫文学賞」創作部門優秀賞受賞作品。


 

好評発売中

芭蕉と歩く

〜「野ざらし紀行」と「鹿島詣」〜

橋 保博(たかはし やすひろ)著

体裁 46判/並製本/本文312頁
定価:本体1,200円+税
ISBN 978-4-87302-706-7 C0095


芭蕉の紀行文「野ざらし紀行」と「鹿島詣」について、その足跡をたどり、そこに採られている句を検証した文学評論。

 

好評発売中

日本橋の桃青

─若き芭蕉がゆく─

松浦 節(まつうら たかし)著

体裁 46判/並製本/本文284頁
定価:本体1,500円+税
ISBN 978-4-87302-704-3 C0093


伊賀上野農人町の金作少年が到達した万人に愛される蕉風の原点とは。若き日の芭蕉を描いた時代小説。

 

好評発売中

藤村多希

─明治を生きた産婆─

渡辺 せつ子(わたなべ せつこ)著

体裁 46判/並製本/本文184頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-703-6 C0093


西洋医学の知識をベースに、母体を守り新生児の命を取り上げた黎明期の産婆・多希の生涯。女性の自立と命の尊厳を描く。

 

好評発売中

令和万葉秘帖

〜長屋王の変〜

大杉 耕一(おおすぎ こういち)著

体裁 46判/並製本/本文256頁
定価:本体1,200円+税
ISBN 978-4-87302-702-9 C0093


大伴旅人、山上憶良ら九州を代表する官人歌人三十二名が「梅花」を主題に我が国において空前絶後の歌宴を催した。万葉集誕生の秘密に迫る歴史浪漫シリーズ。

 

好評発売中

『この世界の片隅』
 を生きる
 〜広島の女たち〜

堀 和恵(ほり かずえ)著

体裁 46判/上製本/本文212頁
定価:本体1,500円+税
ISBN 978-4-87302-700-5 C0095


山代巴、大田洋子、こうの史代、そして歴史の語り部たち……。ヒロシマを生きる主人公すずのひたむきな姿が心をうつ『この世界の片隅に』が誕生したその背景を紐解く。そして同時に被爆体験を継承するとはどういうことかを真摯に考えた書。

 

好評発売中

過ぎし南都の日々

〜おさと寧府紀事余聞〜

宮澤 洋一(みやざわ よういち)著

体裁 46判/並製本/本文324頁
定価:本体1,500円+税
ISBN 978-4-87302-701-2 C0093


幕末の英傑・川路聖謨。奈良奉行所時代の日記をもとに妻子や奉行所役人、庶民や罪人たちの様々な人生の機微を流麗なる筆致にて掘り起こした歴史群像劇。

 

好評発売中

大池戦記

〜二条城公用金
     山城国大池隠置ノ顛末〜

宮澤 洋一(みやざわ よういち)著

体裁 46判/並製本/本文176頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-698-5 C0093


徳川埋蔵金は何処に隠されたか……。戊辰戦争の初戦・鳥羽伏見の戦いの陰で繰り広げられたもう一つの戦いとは。

 

好評発売中

『坊ちゃん』の漢学者は
   なぜ斬殺されたか


青山 淳平(あおやま じゅんぺい)著

体裁 46判/並製本/本文216頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-696-1 C0093


西南戦争に呼応した不平士族の反乱の暗闇に光をあて、漢学者左氏珠山斬殺のなぞに迫りながら、人の世と歴史の不条理を浮き彫りにさせた歴史ファン必読の問題作。


 

好評発売中

日本という国

〜古事記の中に日本人の源流を探る〜

平尾 栄滋(ひらお えいじ)著

体裁 46判/並製本/本文180頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-695-4 C0095


この国の中心に天皇家を置いて大和民族を一つにまとめ上げ、日本という国を世界中から愛される国につくりあげた。その陰で「邪馬台国と卑弥呼」を歴史の闇に葬りさった。いま、明かされる古事記の真実。


 

好評発売中

蕪村と崋山

―小春に遊ぶ蝶たち―

冨田 鋼一郎(とみた こういちろう)著

体裁 A5判/並製本/本文226頁
定価:本体1,800円+税
ISBN 978-4-87302-692-3 C0095


江戸時代を代表する二人の文人画家、与謝蕪村と渡辺崋山。蕪村の「四季行事風俗図」や、崋山の「目黒詣」など、多数の未公開作品を解説。


 

好評発売中

第18回
「歴史浪漫文学賞」
    優秀賞受賞作


縄文のビーナス

遺伝子から辿る日本民族の原像

古村 恭三郎(ふるむら きょうざぶろう)著

体裁 A5判/並製本/本文274頁
定価:本体1,500円+税
ISBN 978-4-87302-685-5 C0095


天孫降臨神話と記紀に上書きされた「海部氏勘注系図」の秘密など、知られざる古代史の真実に迫る。
第18回「歴史浪漫文学賞」研究部門優秀賞受賞作品。


 

好評発売中

第18回
「歴史浪漫文学賞」
    特別賞受賞作


狗吠(くはい)

波平 由紀靖(なみのひら ゆきやす)著

体裁 46判/上製本/本文316頁
定価:本体1,800円+税
ISBN 978-4-87302-678-7 C0093


悪霊を祓うべく妖しく煌めく鉾両刃造太刀に魅せられた隼人、一条天皇の御剣を鍛えた薩摩の伝説の名工・初代波平行安の生涯を描く。

好評発売中

改訂版
国立故宮博物院案内


清水 仁(しみず じん)編著
体裁 A5判/並製本/本文304頁
定価:本体2,800円+税
ISBN 978-4-87302-348-9 C0070


世界四大博物館の一つであり、60万点を超える中華民族の文化遺産を収蔵する故宮博物院の国財を玉・書・絵画・陶磁器などに分類し、オールカラーにて図説。台湾観光協会推薦。日本図書館協会選定図書。


トップページへ戻る