新着情報

新刊・話題の本

 

好評発売中

第21回
「歴史浪漫文学賞」
    大賞受賞作


最期の海



佐山 啓郎(さやま けいろう)著

体裁 46判/並製本/本文204頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-734-0 C0093


我が魂と肉体の存在の意味を問う、太平洋戦争の実話に基づいた戦争文学の新たなる金字塔。
第21回「歴史浪漫文学賞」大賞受賞作品。


   

 

好評発売中

まだまだやるでのオ


東 洵(あずま まこと)著

体裁 46判/並製本/本文144頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-765-4 C0093


限界集落に一人で暮らす老人の「いきがい」とは 娘一家の来訪を心待ちにする独り暮らしの和子。ここは琵琶湖の北、山間部の地であ る。田舎だが小さな畑で野菜を作りながら僅かな年金で暮らしている。横浜に住む 娘は一緒に住もうと言いだすが気が乗らない。アメリカに住む一人息子もまもなく日 本に帰ってくると言う。彼もまた和子の行く末を案じている。ここは何もないとこ ろかもしれないが……。他3篇収録。

   

 

好評発売中

高瀬川
    〜角倉了以伝(続)〜



西野 喬(にしの たかし)著

体裁 46判/上製本/本文356頁
定価:本体1,600円+税
ISBN 978-4-87302-764-7 C0093


了以、只者に非ず。森鴎外の名著、『高瀬舟』の舞台となったこの運河を作ったのは京の豪商角倉了以父子。
江戸幕府創成期の混迷した世を駆け抜けた親子の情と確執を描く。

   

 

好評発売中
北見の植物シリーズ
       1〜4

村松 のりひと(むらまつ のりひと)著


@北見のシダ
体裁 A5判/並製本/本文74頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-752-4 C0045

A北見のスゲなど イグサ科・カヤツリグサ科
体裁 A5判/並製本/本文66頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-753-1 C0045


B北見のイネ科
体裁 A5判/並製本/本文72頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-754-8 C0045


C北見のヤナギ
体裁 A5判/並製本/本文48頁
定価:本体800円+税
ISBN 978-4-87302-755-5 C0045



   

 

好評発売中
北見の昆虫シリーズ
       1〜6

村松 のりひと(むらまつ のりひと)著


@北見のチョウ みわけかた
体裁 A5判/並製本/本文38頁
定価:本体800円+税
ISBN 978-4-87302-757-9 C0045

A北見のトンボ みわけかた
体裁 A5判/並製本/本文88頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-758-6 C0045


B北見のキリギリス・コオロギ・バッタ みわけかた
体裁 A5判/並製本/本文64頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-759-3 C0045


C北見のアリ みわけかた
体裁 A5判/並製本/本文40頁
定価:本体800円+税
ISBN 978-4-87302-760-9 C0045


D北見のアメンボ みわけかた
体裁 A5判/並製本/本文21頁
定価:本体600円+税
ISBN 978-4-87302-761-6 C0045

E北見のトビケラ 成虫・幼虫 みわけかた
体裁 A5判/並製本/本文66頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-762-3 C0045

   

 

好評発売中

北の大地


東 洵(あずま まこと)著

体裁 46判/並製本/本文174頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-763-0 C0093


江戸の紙問屋越前屋新兵衛は、ロシアから帰国した大黒屋光太夫から異国の情報を聞き出し、北の大地に関する書籍の梗概集の作成に取り組んだ。他「その日の後白河」「峠」二作品を収録。


   

 

好評発売中

北条義時と
  鎌倉武士の志と魂
 駿河・伊豆・相模・武蔵の史跡散歩


鳥越 幸雄(とりごえ ゆきお)著

体裁 46判/並製本/本文168頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-756-2 C0095


一所懸命の精神で、朝廷を頂点とする公家政権からの独立を勝ち取った御家人たちの壮絶なる生き様を辿る。 2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の作品舞台を歩く。


   

 

好評発売中

長吏頭 弾左衛門の親
         西陣大火の秘密


宮田 隆(宮田 隆)著

体裁 46判/並製本/本文348頁
定価:本体1,500円+税
ISBN 978-4-87302-751-7 C0093


幕藩体制維持のため最下層に置かれた賤民たちの漆黒の裏社会を炙り出す。 数奇な運命に翻弄される男と女。飢饉、丹後縮緬誕生、盗賊集団、穢多村、「西陣焼け」に絡む重層的人間模様を解き明かす。


   

 

好評発売中

いっぺん言うて
     みたかった

KGB77 著

体裁 46判/並製本/本文212頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-750-0 C0095



日々是平穏なり。
しかし文句はある。
言い残しているような気もする今日この頃。
あと残り少なくなってから言いたいことがどんどんと出てきた。

   

 

好評発売中

藍月記
 土御門帝 もう一つの『承久の乱』


萬 卓子(よろず たかこ)著

体裁 46判変形/並製本/本文328頁
定価:本体1,500円+税
ISBN 978-4-87302-745-6 C0093


父と子、交錯する運命- 後鳥羽と土御門、北条泰時と時氏、そして貴種の落し胤玄洲。 動乱の時代に生きるそれぞれの葛藤を描き出す。


   

 

好評発売中

想い出としての山岳句
   ―やがて憶い出となるように


小山田 良三(おやまだ りょうぞう)著

体裁 46判/並製本/本文138頁
定価:本体909円+税
ISBN 978-4-87302-748-7 C0092


ダイナミックな山旅を五七五の十七文字に転写した珠玉の句集。

   

 

好評発売中

氷晶の人
   小笠原和夫


成田 茂(なりた しげる)著

体裁 46判/並製本/本文204頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-746-3 C0095


小笠原博士の思想は、徹底した自由主義的個人主義であり、人生においては傍若無人、天衣無縫、名利をもとめず、できる限り世の中のためにと走り続けた人であった。


   

 

好評発売中

津軽戦国始末
   

木村 將平(きむら まさひら)著

体裁 46判/並製本/本文118頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-747-0 C0093


戦国乱世。北辺に生を受けた男の名は平蔵。十八歳にして、南部氏への反逆、津軽の独立という途方もない企ての先鋒に立つ。津軽為信となった平蔵は、羅刹となって修羅の道を突き進み、ついに津軽の独立と権力を勝ち取る。



   

 

好評発売中

木村よしの
   おんな記者伝


町田 久次(まちだ きゅうじ)著

体裁 46判/並製本/本文174頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-742-5 C0095


明治時代の福島に、日本の女性記者の先駆けといわれる木村よしのという女性記者がいた。



   

 

好評発売中

そして、信長を
     極めよう!


天美 大河(あまみ たいが)著

体裁 46判/上製本/本文136頁
定価:本体1,000円+税
ISBN 978-4-87302-743-2 C0095


中世の価値観からパラダイムシフトする魔王の正体とは? 織田信長の人格が、時代の変遷とともに、比較的短いスパンでも、明らかに変容していることに気付かされた。



 

好評発売中

東村山カルガモ物語

文:崎上 玲子(さきがみ れいこ)
絵:根本 比奈子(ねもと ひなこ

体裁 A5判/並製本/本文16頁
定価:本体800円+税
ISBN 978-4-87302-708-1 C8795


東村山駅前のふん水に誕生した九羽のカルガモの赤ちゃん。毎年この街にやってくるみんなのアイドルが絵本になりました。
※効果音の入ったBGMと「ふん水とカルガモたち」の歌を下記サイトより無料でダウンロードできます。

[ダウンロード]


※YouTubeでも視聴可能ですので、下記サイトよりご利用ください。

「東村山カルガモ物語」使い方ガイド
(ご案内 嘉久京子)
https://youtu.be/LPMlX5xTSsE

「ふん水とカルガモたち」(歌:神楽)
https://youtu.be/tNKdwq-Evww

東村山カルガモ物語
(読み聞かせ用BGM〜ふん水とカルガモたち)
https://youtu.be/-mH0wYQ8d3k

好評発売中

改訂版
国立故宮博物院案内


清水 仁(しみず じん)編著
体裁 A5判/並製本/本文304頁
定価:本体2,800円+税
ISBN 978-4-87302-348-9 C0070


世界四大博物館の一つであり、60万点を超える中華民族の文化遺産を収蔵する故宮博物院の国財を玉・書・絵画・陶磁器などに分類し、オールカラーにて図説。台湾観光協会推薦。日本図書館協会選定図書。


トップページへ戻る