歴史小説

タイトル

著者名

本体価格

サイズ

新選組異聞芹沢鴨の生涯

城井 友治しろい ゆうじ

 1,200

46判(262p)

知られざる鴨の人間像を新視点で描く。なぜ悪名を冠したのか。「誠」の旗の下、また歴史の舞台裏の巧妙なからくりを解き明かす。

行け!まっしぐらじゃ

辻本 嘉明
つじもと よしあき

 1,500

B6判(240p)

世界の経済が未曾有の大混乱に陥った大正初期。鈴木商店を率いて不安定な世情をよそに商機を逃さず、ひとり気炎を吐いた商人、金子直吉の半生を綴った評伝小説。

吼えよ御陣乗
−奥能登海民行状記−

荒井 碧 あらい あきら

 1,500

46判(176p)

江戸時代初期、数々の諍いを経験しながらもアイヌと日本は北前船で交易していた。能登と蝦夷地の壮大な歴史絵巻を背景に交錯する、兄と弟の数奇な運命を描く。

三増峠

長沢 正教
ながさわ まさのり

 1,000

B6判(128p)

武田信玄は上洛への道を確保するため、小田原に攻め入った。ところが……。 三増峠に秘められた逸話を忠実に基づいて描いた滋味溢れる歴史小説。表題作ほか一遍を収録。

山背大兄王
(やましろのおおえのおう)

小原 良文 こばら よしふみ

 1,400

B6判(128p)

聖徳太子を父として生を受け、権力争いの渦中に自ら滅する道を選んだ山背大兄王。太子の教えを守り抜いたその生の執跡は、なぜ今なお光を放つのか。21世紀に捧げる力作。

石亀の妖術

加納 正樹(かのう まさき)

 1,500

46判(232p)

本能寺の変を境に非業な運命を辿る明智一族に焦点を当て、歴史の裏に隠された一族の秘密や真実の愛を感動的に描き出した長編小説。

貴船山の女盗賊/天智暗殺

加納 正樹(かのう まさき)

 1,500

46判(256p)

薬子の乱を背景に、時代に翻弄される悲運の女盗賊、吹雪の儚い一生を描いた時代小説。第77回コスモス文学賞新人賞受賞作。「天智暗殺」併録。

黒の連環

三浦 康男(みうら やすお)

 1,700

46判(280p)

大化改新において跳梁跋扈する蘇我入鹿・中臣鎌子・余豊璋ら群雄たちの生き様を壮大なスケールで描き切った歴史群像劇。第1回「古代ロマン文学賞」大賞受賞作。

日輪の神女(ひのかむめ)

篠ア 紘一(しのざき こういち)

 1,800

46判(384p)

膨大な考古学・民俗学資料などに基づき日本人の魂のルーツである弥生時代の人々の精神と風俗が明瞭に蘇る。古語、上代語を駆使した独自の文体で描く感動の最高傑作!第1回「古代ロマン文学賞」大賞受賞作。

持衰(じさい)

篠ア 紘一(しのざき こういち)

 1,800

46判(272p)

縄文・弥生・古墳時代に生きる人々の精神的パワーと愛の形を鮮明に描き、古代歴史小説の新ジャンルを切り拓く短編小説集。ベストセラー『日輪の神女』の著者が贈る書き下ろし短編集。

輪廻の詩人
-柿本人麻呂・西行・松尾芭蕉と千年転生-

篠ア 紘一(しのざき こういち)

 1,600

46判(384p)

柿本人麻呂・西行・松尾芭蕉と生まれ変わり、詩歌の道を究めんと漂白流転の人生に挑む。カルマ、霊魂、死後の世界の実相に迫るスピリチュアリズム・歴史ロマン小説。
※電子版は、Amazonキンドルストアで600円+税で販売中

北条氏照異伝

日下部 政昭
(くさかべ まさあき)

 1,400

46判(272p)

風魔一族を従え、戦国の世にありながら早くから近隣諸国との勢力均衡に努めた最後の八王子城主、北条氏照の数奇な運命を描く歴史大作。

愛と哀しみと旅立ちの歌
魯迅、鴎外、ソフィア、明石、
滔天と日露戦争

中田 昭栄(なかた しょうえい)

 2,800

A5判(552p)

幻灯事件を契機に医学から文学へ志を変えた若き魯迅の心の軌跡を、日露戦争及び鴎外等の心の葛藤をその背景に置き描き出した長編小説。

ラストヒーロー
最後の武士

吉井 恵美子(よしい えみこ)

 1,238

46判(184p)

熱き武士の魂を剣に託し、時代と闘い続けた新選組副長土方歳三や若き戦士たち。その悲劇的な最期を函館戦争を舞台に描いた歴史小説。

南部の大河 
史上最大の一揆 その攻防

半澤 周三
(はんざわ しゅうぞう)

 1,400

B6判(264p)

江戸末期、南部の国で起こった弘化・嘉永の一揆。南部藩の秕政を改めるため、その日本最大の農民一揆を指導した弥五兵衛と命助の壮絶な生き様を綴った歴史小説。

異説神武東征 
ホホデミ王の肖像

宮田 彌之助
(みやた やのすけ)

 1,500

B6判(232p)

後の神武天皇であるホホデミ王は、「新しい国を建てよ」との命を受け、海賊を率いて戦乱絶えない呉国を出立、倭国に向かった。偽作文学の真骨頂、奇想天外な神武東征。

波濤の果て 
中江兆民の青春

鮎川 俊介
(あゆかわ しゅんすけ)

1,500

46判(288p)

明治維新の風邪吹き荒れる土佐の地で彼は何を見、何を為し、何を考えたのか。自由民権運動の思想的指導者である兆民の知られざる青春時代をいきいきと描いた歴史長篇。

波濤の果て 
中江兆民の長崎

鮎川 俊介
(あゆかわ しゅんすけ)

1,500

46判(312p)

自由民権運動の思想的リーダー・中江兆民の生涯を綴った歴史長編の第二弾。坂本龍馬、後藤象二郎など維新の英傑との出会い、学問への傾倒、江戸行きの思いを鮮麗に描く。
日本図書館協会選定図書

波濤の果て 
中江兆民の維新

鮎川 俊介
(あゆかわ しゅんすけ)

1,500

46判(344p)

明治維新の変革期、仏留学の思いが高まる篤助は、開港・開市が決まった大坂で神戸事件、堺事件に巻き込まれる。「東洋のルソー」と呼ばれた男の生き様を綴った歴史長編第三巻。日本図書館協会選定図書

波濤の果て 
中江兆民のフランス

鮎川 俊介
(あゆかわ しゅんすけ)

1,500

46判(384p)

明治5年、岩倉使節団の一員として渡仏した青年篤助は、人民主権を打ち出したルソーの思想と邂逅する。新しき日本の国家建設に夢をはせる男の生き様を綴った歴史長編第四巻。日本図書館協会選定図書。

残夢

恒川 詩帆(つねかわ しほ)

 1,000

46判(200p)

九郎義経と源頼朝、そして義経に育てられた頼朝の実子梓の三人の相克と愛憎のドラマをスリリングに描き出した歴史群像劇。

里見興国記

森戸 陽一(もりと よういち)

 1,500

46判(312p)

八犬伝で名高い里見氏。関東公方と管領との対立の中で、戦国大名として興隆に向かうその姿を親子四代に渡り活写した戦国武将小説。

東天紅の海 
〜綿屋弥兵衛の御一新〜

内藤 史朗(ないとう しろう)

 1,200

B6判(208p)

幕末・明治、激動に時代に、勤王の志士が集う旅籠があった。歴史の片隅に埋もれた「長州萩本藩・綿屋弥兵衛の宿」で起こる維新の息吹を描いた、異色の叙事詩的歴史物語。

蘇鉄のひと 玉蘊
(そてつのひと ぎょくうん)

今井 絵美子(いまい えみこ)

1,400

46判(232p)

頼山陽との恋に生き、花鳥風月を描くことにこだわり続けた閨秀画家・平田玉蘊。江戸文化の華開く尾道を舞台に、切なくも力強い彼女の生涯をしなやかな筆致で綴る歴史小説。

六つの甲

清水 宏晃(しみず ひろあき)

 1,500

46判(360p)

神功皇后熊祖征伐に運命を弄ばれる仲哀天皇妃・空環之姫。彼女の足の傷を癒すため有野の湯を探し出したり、皇后の追手から姫を守るために奔走する海彦山彦の活躍を描いた物語。

枯野の詩

清水 宏晃(しみず ひろあき)

 1,500

46判(392p)

神功皇太后に追われる空環姫を護り命を落とした山彦と土蜘蛛に村を奪われた海彦の兄弟が辿る数奇な運命を描き出した古代ロマン小説。

薩摩風雲録

柴田 宗徳(しばたむねのり)

 1,600

46判(296p)

お由羅騒動に揺れる薩摩藩の内情と名改革者調所広郷の人間像を新たな視点で描き出した意欲作。隠密としての宿命を背負う主人公源之進の視点から調所の財政改革を再評価した作品。第2回「中・近世文学賞」大賞受賞作。日本図書館協会選定図書。

道之島遠島記

藤民 央(ふじたみ おう)

 1,000

46判(152p)

薩摩藩の御家騒動で大島遠島になった名越左源太。遠島先での日々の暮らしや住民との交わり等、その足跡を豊富な資料を駆使して再現させた作品。第2回「中・近世文学賞」創作部門優秀賞受賞作。

南島古譚

藤民 央(ふじたみ おう)

 1,000

46判(120p)

薩摩藩財政を立て直す切り札となった奄美諸島の黒砂糖生産。「百姓の朝寝を許すな」と言われるほどの過酷な圧政の物語を描き出した渾身作。

神異帝紀(しんいていき)

小松 多聞(こまつ たもん)

 1,500

46判(328p)

浦島伝説に秘められた数奇な歴史ドラマ。継体天皇成立にまつわる宮廷と豪族の壮絶なる権力闘争と、一言主神が宿る奇姫の生涯をスリリングに描き出した古代ロマン小説。(カバー装画:萩尾望都)第2回「古代ロマン文学賞」創作部門優秀賞受賞作。

難波が燃える
火を呼ぶ近松浄瑠璃風説仕儀

ひしぬま 良秋
(ひしぬま りょうしゅう)

 1,500

46判(240p)

大劇作家・近松門左衛門は大阪火付けの犯人か。近松の浄瑠璃『関八州繋馬』を巡って次々に放火と殺人事件が起きる。江戸時代の大阪を舞台にした謎解き時代小説。

寒川の女(さんがわのひと)

矢野 弘(やの ひろし)

 1,500

46判(304p)

源頼朝の乳母として、また下野国寒川(現小山市)の開拓者として史実に現れながら、未だ謎が多い寒川尼。平安・鎌倉と動乱の時代を生きた女性の姿を流麗に綴った歴史小説。

春 雷 林七はまだ戻らぬか

日満 久(ひみつ ひさし)

 1,000

B6判(136p)

種山石工の祖・藤原林七の眼鏡橋にかけた半生を描いた小説。御禁制を犯し、逃亡の身となっても「洪水に流されない橋を」という強い執念を持ち、ついには石橋を完成させる。

月待塔

日満 久(ひみつ ひさし)

 1,000

B6判(144p)

飢餓に苦しむ農民を救うため、巨大水路橋「雄亀滝橋」の架設に挑む、若き名工・三五郎の石橋に懸ける職人としての魂を鮮やかに描き出した、好評種山石工物語第2弾。

輪島奉行

真田 弓綱(さなだ ゆみつな)

 1,200

46判(168p)

左遷された元勘定方首席が己の命にかえて加賀藩財政再建のために尽力する表題作『輪島奉行』ほか、江戸・戦国・鎌倉の各時代における武士の勇ましい生き様を描いた歴史小説。

斑鳩炎上異聞

浄御原 栄(きよみはら えい)

 1,300

46判(248p)

飛鳥時代、聖徳太子の子・山背大兄王と台頭著しい蘇我氏との確執、悲劇的な結末を、船頭・盗掘を糧とする一族の長、葦名の目を通して描き出した歴史小説。

紅は移ろふものぞ

浄御原 栄(きよみはら えい)

 1,500

46判(280p)

陰謀と呪詛が蠢く平城京。元陰陽方術司学生で今は織部司の挑文師を勤める赤染藍主は、些細なことから、藤原氏四兄弟と左大臣・長屋王との政争に巻き込まれていく。第5回「歴史浪漫文学賞」最終選考通過作品。

きらぎらし

浄御原 栄(きよみはら えい)

 1,600

46判(312p)

蘇我馬子の命で日本最初の寺院飛鳥寺の造営に携わる工人麻庭が、やがて「きらぎらし」の仏像弥勒菩薩半跏思惟像の寺の建立に取り組むまでを描き出した渾身の古代小説。

横浜道慶橋縁起

早川 真澄(はやかわ ますみ)

 1,500

46判(176p)

時は明暦、四代将軍家綱の頃− 旅の雲水道慶は、新田の普請に励む人々のため大岡川に橋を架ける決意をする。資金・資材集めに奔走する道慶に動かされ人々は…。横浜吉田新田開発当初の様子を魅力的な人物群とともに活き活きと描く歴史小説。第3回「中・近世文学賞」大賞受賞作。

作十郎の生涯
-長崎編-

宅嶋 数江(たくしま かずえ)

 1,200

46判(224p)

漁夫作十郎、怪僧玄南、バハン船の船長源内、勤王浪士佐々木。幕末の長崎を舞台に、海を愛し、密貿易に命を懸ける男達の友情と戦い、そして別れの姿を闊達に綴った歴史物語。

八王子城炎上
-利家・景勝軍を抑え戦国の終わりを告げた合戦秘話-

藤田 道男(ふじた みちお)

 1,500

46判(304p)

戦国の終わりを告げる最後の実戦八王子城攻めの裏に隠された壮絶な人間ドラマを丹念な現地踏査の資料をもとに描き出した歴史小説。

花がたみ

藤井 登美子(ふじい とみこ)

 1,500

46判(184p)

室町時代中期、将軍家と観世流の後継者争いによって仲を裂かれた元雅と妙花。幻の秘曲「吉野山」に隠された悲しい物語とは…。第4回「中・近世文学賞」大賞受賞作。

北僻に立つ
-孤高の儒官 頼杏坪-

藤井 登美子(ふじい とみこ)

 1,500

46判(224p)

文化文政期の広島藩。貧と窮に倦む北部農民の為に、下級官吏でありながら藩の政策と戦い続けた頼杏坪の姿を描く、第4回「中・近世文学賞」大賞受賞作に続く、女流歴史小説家の第二弾。

薩摩刀匂えり

波平 由紀靖
(なみのひら ゆきやす)

 1,800

46判(296p)

将軍吉宗から刀に「一葉葵紋」を切ることを許された薩摩の刀匠・一平安代。彼の刀に向けられた真摯な生き様を重厚な筆致で描く歴史小説。第4回「中・近世文学賞」創作部門優秀賞受賞作。

正宗

波平 由紀靖
(なみのひら ゆきやす)

 2,800

46判(782p)

日本を代表する刀工正宗。相州伝完成までに至る国宗・行光と引き継がれる系譜を、元寇という動乱の時代を背景に描き出した歴史小説。

狗吠(くはい)

波平 由紀靖
(なみのひら ゆきやす)

 1,800

46判(316p)

悪霊を祓うべく妖しく煌めく鉾両刃造太刀に魅せられた隼人、一条天皇の御剣を鍛えた薩摩の伝説の名工・初代波平行安の生涯を描く。第18回「歴史浪漫文学賞」特別賞受賞作。

幕末出帆 アジア早春賦
-近史アジア 黄・白・紅 漂流記序幕-

半井 肇(なからい はじめ)

 1,500

46判(320p)

幕末から20世紀初頭のアジアを舞台に、欧米の帝国主義・植民地支配の嵐が吹き荒れる中、それぞれの民俗が独立を目指し闘争する姿を、深い孤独感を湛えた筆致で描く歴史小説。コスモス文学出版文化賞受賞作。

雄略の青たける島

半井 肇(なからい はじめ)

 1,800

46判(372p)

残虐なる手腕で政を施した雄略のいだく海の彼方への懐郷と血の滾りを描き出した受賞作ほか、「継体の風のミカド」「みろく菩薩飛鳥下生と阿修羅たち」の3部作を収録した古代歴史小説集。第14回「歴史浪漫文学賞」優秀賞受賞作品。日本図書館協会選定図書。

あけぼの紀
−古代ロマン小説 黎明編−

半井 肇(なからい はじめ)

 1,600

46判(350p)

日本の黎明期、九州の部族やまたい国の女王ヒノミコとくぬ国のスサノの夢が日のいずる国ヤマトの誕生を紡ぎだしていく「陽の巫女」、出雲を語る「陽昇り、八雲立つ」、大和タケルの貴種流離譚「天の子 地の子」、大和政権と朝鮮半島との確執を描く「新羅浜 浜高し」の4部作を収録した古代ロマン歴史小説集。

新の陰流
-上泉信綱と疋田文五郎-

斎藤 光顕(さいとう みつあき)

 1,000

46判(168p)

戦国の剣聖上泉信綱とその弟子疋田文五郎武将として、剣道に生きる者として、人を活かす剣を追求する姿と葛藤の様を描き出した歴史小説。

新陰流 活人剣

斎藤 光顕(さいとう みつあき)

 1,800

46判(448p)

戦国武将として兵法者として「人を活かす道」を求道し続けた男・上泉信綱の全生涯。
第7回「歴史浪漫文学賞」創作部門優秀賞受賞作品。

細川忠利 兵法異聞

斎藤 光顕(さいとう みつあき)

 1,300

46判(216p)

将軍家指南役柳生宗矩、二階堂流松山主水、二天一流宮本武蔵など、達人たちとの交流を通じて治世の剣と乱世の剣の奥義を紐解く歴史小説。

武人立つ
-戦国の武将 上泉秀綱-

安本 嘆(やすもと なげき)

 1,800

46判(312p)

戦国の世、武田、北条、上杉ら列強の草刈り場となった上野の地を死守すべく、千騎の将・長野業政と共に戦いに挑んだ上泉秀綱の半生を描く。第5回「歴史浪漫文学賞」大賞受賞作品。

憲実・本土決戦・定正の死

江原 剛(えはら たけし)

 2,000

A5判(184p)

人間の生を魂(生命)の成長の欲求と位置づけ歴史的に規定された現実と魂の相克の軌跡を描く斬新なる歴史解釈の書。

幕末疾風記
-太郎、三郎仙術奇伝-

白洲 一歩(しらす かずほ)

 1,000

B6判(160p)

幕末の混乱期に跋扈する諸悪を倒すために立ち上がった太郎三郎兄弟と二人を支える美しい仙女を幻想的に描き出した冒険活劇。

語る木簡

森川 卯月(もりかわ うづき)

 1,200

46判(248p)

血の呪縛に翻弄される皇位争いの中、一つの愛と引き替えに皇子の座を捨てた悲劇の王長屋の姿を流麗に描き出した歴史ロマン小説。

戦国時代の魁 北条早雲

前田 コ男(まえだ とくお)

 1,500

46判(280p)

卓越した人心掌握術と孫子の兵法を熟知した類い希なる軍事差配で、怒濤の如く関東を配下に納めた風雲児北条早雲の生涯を描く。

川に沿う邑
‐優嗜曇風土記‐

清野 春樹(せいの はるき)

 1,500

46判(216p)

古墳時代の蝦夷(現代の山形県置賜地方)を舞台に一人の少女の成長物語を綿密な習俗考証の元に描き出す。第7回「歴史浪漫文学賞」大賞受賞作品。

南海物語
-西郷家の愛と哀しみの系譜-

加藤 和子(かとう かずこ)

 1,500

46判(264p)

西郷隆盛に愛されたが故に、彼の人生に翻弄され、幕末から昭和へと続く激動の時代を苦難と共に歩んだ四人の女とその子供たち。彼らの生涯を、豊富な資料を元に描いた歴史物語。

ちゃちゃの城

太田 龍子(おおた りょうこ)

 1,500

46判(208p)

戦国の焔に焼かれたお市の方の無念を晴らすべく、天下の名城大坂城を手中にした遺児ちゃちゃと秀吉の見果てぬ夢を描く歴史小説。

気節凌霜道はるかなり
-庄内武士の歩んだ糸の道-

岡田 幸夫(おかだ ゆきお)

 1,200

46判(200p)

武士道を貫いた庄内藩士達。維新後の困窮の中で松ヶ岡開墾上場を舞台に、養蚕・絹織りに独自の道を切り開いた開拓物語。

快慶 ‐運慶を超えた男‐

大湊 文夫
(おおみなと ふみお)

 1,500

46判(296p)

日本の仏像製作の頂点を極めた二大巨頭快慶と運慶の正反対の生き様、芸術論を綿密に検証し作品の魅力を浮かび上がらせた歴史小説。
※電子版は、Amazonキンドルストアで500円+税で販売中

北条泰時
‐頼朝の理想を実現した男‐

大湊 文夫
(おおみなと ふみお)

 1,500

46判(242p)

承久の乱から御成敗式目制定へ。「平和」な世を求めるべく「誠実」に生き、「道理」を追い求めた名執権・北条泰時の生涯を描く。

白鳳の挽歌
-天武天皇の後裔たち-

夏山 重子(なつやま しげこ)

 1,500

46判(264p)

壬申の乱で引き裂かれた高市皇子と十市皇女、その悲恋の呪縛が穂積皇子、但馬皇女、坂上郎女へと連鎖していく古代浪漫小説。

西海のうねり

伊坊 榮一(いぼう えいいち)

 1,500

46判(272p)

江戸中期、長崎・生月島で勇魚(くじら)漁に取り組んだ男と隠れキリシタンの悲劇を描き出す。第8回「歴史浪漫文学賞」創作部門優秀賞受賞作品。

光源氏になった皇子たち
-源高明と章明親王の場合-

西穂 梓(にしほ あずさ)

 1,500

46判(296p)

絢爛たる王朝絵巻の陰で貶められた源高明と章明親王一族の悲劇の様を、鎮魂の思いで描き出す藤原為時の娘香子の物語。

刻々の断

向居 直紀(むかい なおき)

 1,000

46判(144p)

本年は信長を一躍世に知らしめた桶狭間合戦から450年。この大きな節目となる年、通説と異なる信長の戦略を明らかにしてその真相に迫る歴史小説を世に問う。

しずり雪
-夜鳴き蕎麦屋のお絹控帳-

東 めぐみ(あずま めぐみ)

 1,000

46判(144p)

天真爛漫な性分で人の生きる道を示し江戸の庶民に幸福の笑顔を呼び起こす夜鳴き蕎麦屋お絹の活躍を描いた傑作人情噺。

雪中花
-とりかえばや物語異聞-

東 めぐみ(あずま めぐみ)

 1,000

46判(170p)

平安の世に凛と咲く無垢な一輪の花にも似た五百重姫、そのたおやかな美しさを絡め取る帝の偏愛を耽美に描き出す。

忘れ雪
-因藩二十士真実の涙-

毛利 宏嗣(もうり ひろつぐ)

 1,800

46判(248p)

鳥取藩攘夷派志士が引き起こした本圀寺事変。その後の幽閉生活・決死の脱出行と日本最後の仇討事件の真相を描く。日本図書館協会選定図書。

夜明けの雪
-幕末もう一つの真実-

毛利 宏嗣(もうり ひろつぐ)

 1,600

46判(264p)

維新を迎えようとする日本の夜明け前、山国隊や新国隊などに参加し激動のうねりに身を投じた若き因藩の志士たちの運命を描く時代小説。

いとしきもの すこやかに生まれよ
-日本初の帝王切開物語-

秋山 圭(あきやま けい)

 1,000

46判(208p)

草深い山間の地・奥武蔵にてただひたすら母子の命を救うために日本初の切開分娩術に挑んだ男たちの感動物語。第9回「歴史浪漫文学賞」創作部門優秀賞受賞作。

小説 千葉卓三郎
-自由県浩然ノ気村に
   憲法の旗ひるがえる-

秋山 圭(あきやま けい)

 1,000

46判(200p)

明治初期、自由民権運動の盛り上がりの過程で私擬憲法が全国各地で作られた。その一つ五日市憲法の誕生物語を、中心人物である千葉卓三郎の苦悩と葛藤を縦糸に紡ぎ出した感動のヒューマンドキュメント。

太安万侶の暗号(ヤスマロコード)
-日輪きらめく神代王朝物語-

園田 豪(そのだ ごう)

 2,000

46判(584p)

古代日本は日出ずる側の日輪の国と、日沈む側の夜見の国の二つの国で成り立っていた。古事記の謎を解く古代ロマン小説。

太安万侶の暗号(二)
-神は我に祟らんとするか-

園田 豪(そのだ ごう)

 1,800

46判(432p)

東北に都を置き日本を支配した日高見の国の祟りを封印する伊勢神宮の秘密など古事記の謎を解く古代ロマン小説第2弾。

太安万侶の暗号(三)
-卑弥呼(倭姫)、大倭を『並び立つ国』へと導く-

園田 豪(そのだ ごう)

 1,800

46判(440p)

倭姫が考えだした架空の「邪馬台国」へ贈られた「親魏倭王」の金印が大和朝廷成立のカギとなる。好評古代小説第3弾。

太安万侶の暗号(四)
-倭の五王、抗争と虐政、そして遂に継体朝へ-

園田 豪(そのだ ごう)

 1,800

46判(424p)

歴史の闇に消し去られた倭の五王時代に繰り返す戦慄の恐怖政治。さらに名を奪われたホムチワケの真実に迫る好評古代小説第4弾。

太安万侶の暗号(ゼロ)
-日本の黎明、縄文ユートピア-

園田 豪(そのだ ごう)

 1,800

46判(416p)

日本人はどこから来てどこに定着したのか……。東北に花咲いた縄文時代原始共産制の豊穣なる生活がここに蘇る、好評古代小説第5弾。

太安万侶の暗号(五)
-漢家本朝(上) 陰謀渦巻く飛鳥-

園田 豪(そのだ ごう)

 1,800

46判(448p)

公文書「建武式目」に明記されている『漢家本朝』の四文字。日本の天皇家が中国(北魏)系渡来人だとするこの語に、今も歴史家はタブーとして触れない。推古天皇は存在せず聖徳太子こそ天皇であった。倭国奪取に向け大きく動き始めた飛鳥時代をダイナミックに描く衝撃の歴史小説!シリーズ第6弾。

太安万侶の暗号(六)
-漢家本朝(中) 乙巳の変、そして白村江の敗戦から倭国占領へ-

園田 豪(そのだ ごう)

 1,800

46判(484p)

北魏系帰化人に政権を乗っ取られ、大化の改新にて公地公民・律令制など中央集権体制を確立していく古代日本の姿を描き出す。大好評シリーズ第7弾。

太安万侶の暗号(七)
-漢家本朝(下) 壬申の乱、そして漢家本朝の完成-

園田 豪(そのだ ごう)

 1,800

46判(416p)

壬申の乱に勝ち抜き、吐番との密約によって唐の支配を脱し、漢家本朝の完成を目指す不比等の総仕上げを描き出す。大好評古代史小説、シリーズ完結作。

かくて本能寺の変は起これり

園田 豪(そのだ ごう)

 1,300

46判(240p)

光秀と家康が共有した危機感と秀吉の知略とは……。家康と斉藤内蔵助の関係と家光誕生の真実を解き明かす。

真田幸村見参!

園田 豪(そのだ ごう)

 1,000

46判(180p)

南宗寺に残る家康の足跡とは……。大坂夏の陣で鬼神となった真田幸村の十文字槍がその歴史の謎に答える。

紅い花火
-中濱万次郎外伝-

須永 淳(すなが じゅん)

 1,200

46判(280p)

不慣れ異国の地で病で苦しむ外交使節ハルリスに日本では馴染みのないナルスを遣わそうとする万次郎の思いを描き出す。

高瀬伝・土の城
-戦国の世を終わらせた男-

東栄 義彦(とうえい よしひこ)

 1,300

46判(160p)

下野の国佐野の片田舎で歴史や系図の研究に没頭する道楽者・高瀬紀伊守のその血脈に由来する数奇な運命を描いた歴史小説。

小田野直武
-解体新書を描いた男-

小室 千鶴子(こむろ ちづこ)

 1,500

46判(344p)

卓越した細密描写の技と大胆な遠近法とで秋田蘭画を確立した孤高の天才画家の生涯。第11回「歴史浪漫文学賞」優秀賞受賞後第1作。

真葛と馬琴

小室 千鶴子(こむろ ちづこ)

 1,600

46判(308p)

江戸の人気戯作者・滝沢馬琴の元に、只野真葛の著作「ひとりかんがえ」が持ち込まれる。江戸爛熟期を代表する男と女が魂の火花を散らした、一炊の夢物語。
第11回「歴史浪漫文学賞」創作部門優秀賞受賞作品。

或る女 葉子
恋と革命、挫折からの出発

小室 千鶴子(こむろ ちづこ)

 1,600

46判(286p)

1964 TOKYO 戦後復興を遂げた日本、抜けるような青空のもと、オリンピックが開かれた。 大学生の葉子は恋をしていた。相手は学生運動のリーダーで、故郷に婚約者がいた!告白か、断念か、募る想いに苦悩する葉子、恋の行方は……

黎明の農夫たち
-甲州大小切騒動-

中村 芳満(なかむら よしみつ)

 1,600

46判(300p)

信玄の時代から続く納税法「大小切り」を守ろうとする義民たちの戦いを描く。第11回「歴史浪漫文学賞」大賞受賞作。

捨身
-藤原不比等の相克-

最上 光(もがみ こう)

 1,000

46判(152p)

己の欲と戦いながら、海外の列強から日本国を守り外交の礎を築いた日本初にして至高の官僚藤原不比等の物語。

双鳥の尸解
−志賀姫物語−

泉 竹史(いずみ たけし)

 1,600

46判(248p)

魑魅魍魎が暗躍する平安京にもたらされた密教の颯爽たる風と、息をひそめて相伝されてきた道教を融合せんとした青年僧智泉と志賀姫の流離譚。第12回「歴史浪漫文学賞」創作部門優秀賞受賞作品。

黒部奥山見廻り日記

杜 あきら(もり あきら)

 1,500

46判(304p)

峻険な黒部源流部から槍ヶ岳に至る未踏のルートを切り開くなど、ご禁制の秘境に繰り広げられる人間模様を描く連作小説。

武の舞
-トンファーの遣い手・お成-

小林 里次(こばやし さとつぐ)

 1,300

46判(240p)

疲弊した社会が負の遺産として悪を生み出す徳川の治世。うら若き琉球唐手の使い手・お成が武の心を因に、江戸に跋扈する悪党集団に立ち向かう。

小説 去来抄
-嵯峨野の秋時雨-

笠井 久人(かさい ひさと)

 1,800

46判(424p)

俳聖芭蕉を主君のように思い篤実・信義の人として生き抜いた無骨の俳人向井去来の半生を描き出した評伝的小説。

銃剣

白井 靖之(しらい やすゆき)

 1,000

46判(210p)

日露戦争の捕虜ダイルスキーと看護師明子との許されぬ恋。残された銃剣にまつわる秘話が百年の時空を越えて完結を迎える。

捕縛
石田三成の無念と執念−

加藤 嶺夫(かとう みねお)

 1,000

46判(184p)

自刃せず敢えて捕縛される道を選んだ三成の秘められた真実とは。関ヶ原の合戦の大勢が決した後、少数の部下を伴い伊吹山中を敗走した三成の豊家再興の執念を追う。

防鴨河使異聞

西野 喬(にしの たかし)

 1,600

46判(312p)

平安時代、京の賀茂川は氾濫を繰り返し、人々を苦しめ続けた。それを防ぐために作られた組織が防鴨河使である。往時の賀茂河原は京の人々の暮らしと深く関わっていた。もし、防鴨河使たちの地道な働きがなかったら人々の生活は一層困難なものとなったであろう。歴史に埋もれた防鴨河使たちの知られざる姿を描く。第13回「歴史浪漫文学賞」創作部門優秀賞受賞作品。

壺切りの剣
続 防鴨河使異聞〜

西野 喬(にしの たかし)

 1,600

46判(400p)

平安中期、皇太子が持つ神器「壺切りの剣」をめぐって大盗賊袴垂保輔、和泉式部、冷泉天皇、藤原道長等が絡み合う歴史群像劇。第13回「歴史浪漫文学賞」創作部門受賞作品シリーズ第2弾。

黎明の仏師 康尚
〜防鴨河使異聞(三)〜

西野 喬(にしの たかし)

 1,600

46判(352p)

賀茂川で溺れかけた仏師康尚が藤原行成から依頼を受けた一丈の普賢菩薩を一木からなる木寄せの技法で完成させるシリーズ第3弾。第16回「歴史浪漫文学賞」特別賞受賞作品。

うたかたの城
〜穴太者異聞〜

西野 喬(にしの たかし)

 1,600

46判(400p)

坂本城、長浜城、安土城、姫路城……。信長、秀吉のもと、これまでの城にない堅牢で高い石垣を築いた穴太衆。戦国乱世に突如現れた石積みの手練れ達の壮大なドラマ。

まぼろしの城
〜穴太者異聞〜

西野 喬(にしの たかし)

 1,600

46判(390p)

秀吉の命を受け、十五年の歳月をかけて大坂城の石垣を築いた穴太者の奮闘を描く。好評「穴太者異聞シリーズ」第2弾。

空蝉の城
〜穴太者異聞〜

西野 喬(にしの たかし)

 1,600

46判(354p)

加藤清正と穴太者と肥後侍・領民が心血注いで築いた天下一の堅城・熊本城。円弧を描く城石・武者返しは如何に組まれたのか。阿蘇樹海へ続く抜道に秘められた清正の想いとは。大好評「穴太者異聞シリーズ」第3弾。
保津川
〜角倉了以伝〜

西野 喬(にしの たかし)

 1,600

46判(334p)

岩を砕きたい!この一念で、保津川の激流に散在する巨岩撤去に挑んだ者がいた。京の豪商、角倉了以である。歴史に埋もれた知られざる了以の偉業とは。
王朝畸人伝

星野 和敏(ほしの かずとし)

 1,800

46判(388p)

学問と栄華の道のはざまで葛藤する五位摂政と称された藤原惟成の波乱に満ちた生涯を流麗な筆致で描き出した王朝絵巻物語。

小説 白山平泉寺
白の聖都

千葉 亮(ちば りょう)

 1,500

46判(306p)

栄耀栄華を極めた白山平泉寺。戦国のうねりの中、一瞬にして灰燼に帰した数奇な運命と再興に至るまでの物語。第15回「歴史浪漫文学賞」創作部門優秀賞受賞作品。

みくまりの山
〜生野の変 龍野屋遺聞〜

泉 りょう(いずみ りょう)

 1,000

46判(200p)

幕末維新の激動期、但州生野を舞台に、勝麟太郎の石炭山開発や生野の変など、時代の波に翻弄される名家龍野屋の歩んだ軌跡を描き出す。

三河商家五代の家計簿
〜万屋源兵衛盛衰記〜

新家 猷佑
(にいのみ ゆうすけ)

 1,600

46判(298p)

江戸後期から明治まで百二十五年にわたって書き続けられた古文書『萬般勝手覚』。連続して生まれる泡である歴代源兵衛の生き様と商売の盛衰を一族の物語として紡ぎだす。

JOKER ジョーカー

溝口 学(みぞぐち まなぶ)

 1,000

46判(156p)

1945年8月6日、エノラゲイを撃墜し原爆を奪い取った日本海軍。戦争継続派を抑え込み、原爆を切り札に民主主義の国に生まれ変わるべくアメリカとの和平交渉に臨む、もう一つの終戦物語。

世界見物いたしたく候
〜松陰と山田顕義〜

逸見 鵜映(へんみ うえい)

 1,600

46判(230p)

松陰は生きてアメリカに渡っていた。明治5年、欧米使節団の一員として渡米した山田顕義と伊藤博文はその地で松陰と邂逅する。第16回「歴史浪漫文学賞」大賞受賞作品。

サムライ鉄道
〜九州鉄道草創期の物語〜

城平 心良(しろひら むねよし)

 1,200

46判(200p)

幕末の動乱、西南戦争の悲憤を心に抱き、鉄道会社創設に奔走する九州士族。発起人総代となり、人々と出会い、様々な出来事を経験する中で、もつれた想いが氷解していく。JR九州109年ぶりの再上場を寿ぐ鉄道誕生物語。

女城主直虎と信長

愛須 隆介(あいす りゅうすけ)

 1,500

46判(332p)

戦国の世の荒波の中、井伊家を存亡の危機から救うために智略を張り巡らす女風雲児の生涯を描き出した珠玉の歴史大河ロマン小説。
※電子版は、Amazonキンドルストアで1,250円+税で販売中

八月のイコン

蛍 ヒカル(ほたる ひかる)

 1,500

46判(278p)

戦火の樺太から北海道、アラスカへ。結婚を約束したヤクート人ユーリに再会するため、幾度の死地を乗り越え生き抜く女性の物語。

日記

蛍 ヒカル(ほたる ひかる)

 1,500

46判(258p)

昭和20年8月に、ソ連軍の樺太侵攻で起きた「死の逃避行」と北海道沖で起きたソ連潜水艦攻撃による「三船殉難事件」にまつまる物語。

アテナの銀貨

中村 克博(なかむら かつひろ)

 1,500

46判(324p)

中世、博多の海は世界に開かれていた。保元の乱に敗れた源為朝が琉球、南宋、イスラムと大海を舞台に活躍する海洋小説。

烏山の烏

東田 浄土(ひがしだ じょうど)

 1,000

46判(140p)

明治25年の相馬事件を契機に、日本において法医学鑑定という科学的手法が確立する。その当事者 江口襄や鴎外など、日本の医学黎明期の物語。

委国乱れる

内藤 奎(ないとう けい)

 1,300

46判(246p)

小氷期に入った畿内ヤマト国が飢饉で疲弊した国力を回復するため豊饒なる国筑紫の奴国を併呑しようと立ちあがる戦争物語。

元寇と玄界灘の朝凪

江刺家 丈太郎
(えさしか じょうたろう)

 1,500

46判(332p)

高麗国の叛乱軍「三別抄」からの元軍と戦うために日本への救援を求めた高麗牒状が、日本を侵略の危機から救う歴史小説。

霽月記
〜「風の盆・越中おわら節」起源異聞〜

東出 甫国(ひがしで ほこく)

 1,400

46判(228p)

飲酒の上での失態で失職し、婿入り先を放逐された侍・文左衛門。不思議な縁で出会った三味線の師匠巳乃吉に弟子入りし芸を磨くことに生きがいを見出していく。天賦の才を開花させようとする文左衛門の波乱の半生を描く珠玉の時代小説。第17回「歴史浪漫文学賞」創作部門優秀賞受賞作品。

東夷
〜秀吉の朝鮮出兵に叛いた関東の暴れ馬多賀谷重経の生涯〜

毛矢 一裕(けや かずひろ)

 1,000

46判(214p)

天下人秀吉に屈することなく、下妻千騎と呼ばれる関東最強の銃撃部隊を作り上げた男の激闘と流浪の生涯を描く。

漆黒の海
―第1部 イルカ暗殺 第2部 白村江―

柳 成文(りゅう せいぶん)

 1,800

46判(418p)

大化の改新から壬申の乱へ。大唐帝国、そして高句麗、新羅、百済と半島を巡るせめぎ合いが、九州倭国そして近畿王国の命運を左右する。日本書紀の「海幸山幸」に塗り込められた歴史の真実を紐解く。

坂東武者
〜八人の武者たちの矜恃〜

乾 浩(いぬい ひろし)

 1,300

46判(278p)

古代末期から中世半ばにかけて坂東(関東)の地に生き、それぞれの土地に依拠して土を耕し、武芸を磨き、その土地を守るために命を賭けた八人の武者。彼らが京都の公家政権から自立するための闘争と生き様を描き出した歴史小説。

宇賀島水軍伝

乾 浩(いぬい ひろし)

 1,600

46判(314p)

忽然と歴史から消えた戦国の海賊・宇賀島十郎左衛門が率いる伝説の水軍。縦横無尽に船を走らせ、半島や大陸までも出向いた剛の者たちの姿を描き出す。第19回「歴史浪漫文学賞」創作部門優秀賞受賞作品。

大鵬が行く
〜義仲と巴御前〜

青山 光一(あおやま こういち)

 1,000

46判(192p)

平安末期、和の心をもって日本を駆け抜けた武将・木曽義仲。平家十万の大軍を「火牛の計」にて打ち破り、その名を轟かし源氏の世の到来を知らしめた男の矜持とロマンを描く。

仁淀川に染む

植木 博子(うえき ひろこ)

 1,300

46判(304p)

戦国の世に、領民のための施政を為した名将片岡光綱とその一族。仁淀の清流の恵みに育まれ桃源郷に生きる人々と、そこに流れついた貴種流離の姫が織りなす物語。

それぞれのウィル

番場 葉一
(ばんじょう よういち)

 2,000

46判(494p)

スサノオウ誕生までを描く神々の流離譚。旱魃によりアムール川上流の邑を離れ流浪の旅に出た一族が神託を受け、海を渡りモシリに辿りつき、やがて神門の地にて王となるまでの壮大なる国生み物語。

三輪山何方にありや
〜古事記 中つ巻
     異書 長髄彦伝より〜

鈴木 慧(すずき けい)

 1,500

46判(248p)

筑紫からの侵入軍に対し、饒速日を王に戴き緑なす故国を守るべく、信義を貫き智略を張り巡らし立ち向かう英雄・長髄彦の生涯を描いた古代小説。

『坊ちゃん』の漢学者はなぜ斬殺されたか

青山 淳平
(あおやま じゅんぺい)

 1,000

46判(216p)

西南戦争に呼応した不平士族の反乱の暗闇に光をあて、漢学者左氏珠山斬殺のなぞに迫りながら、人の世と歴史の不条理を浮き彫りにさせた歴史ファン必読の問題作。

過ぎし南都の日々
〜おさと寧府紀事余聞〜

宮澤 洋一
(みやざわ よういち)

 1,500

46判(324p)

幕末の英傑・川路聖謨。奈良奉行所時代の日記をもとに妻子や奉行所役人、庶民や罪人たちの様々な人生の機微を流麗なる筆致にて掘り起こした歴史群像劇。

往時夢の如し
〜続・おさと寧府紀事余聞〜

宮澤 洋一
(みやざわ よういち)

 1,500

46判(330p)

幕府瓦解に殉じた徳川武士最後の花・川路聖謨。混迷を極める幕末、政争に巻き込まれ左遷され奈良奉行の職に収まるも、生来の柔軟諧謔の性格を失わず、市井の民の視線で事件に立ち向かう姿を描き出した歴史群像劇第2弾!

大池戦記
〜二条城公用金
   山城国大池隠置ノ顛末〜

宮澤 洋一
(みやざわ よういち)

 1,000

46判(176p)

徳川埋蔵金は何処に隠されたか……。戊辰戦争の初戦・鳥羽伏見の戦いの陰で繰り広げられたもう一つの戦いとは。

ふること語り
―渡来の大族・
   泰氏を育てた長たち―

山本 範正
(やまもと のりまさ)

 1,500

46判(212p)

天平のなかば、平城京の外れにある庵で、秦氏に連なる市井の史家が知己を相手にいつもの語りに興ずる。敬愛する先祖たちの逞しい生き様に思いを馳せ、聞き手とともに千古の世に分け入り、その虚実の境に遊び、珍談奇談に耽る。
第19回「歴史浪漫文学賞」大賞受賞作品。
令和万葉秘帖
〜長屋王の変〜

大杉 耕一
(おおすぎ こういち)

 1,200

46判(256p)

大伴旅人、山上憶良ら九州を代表する官人歌人三十二名が「梅花」を主題に我が国において空前絶後の歌宴を催した。万葉集誕生の秘密に迫る歴史浪漫シリーズ。
令和万葉秘帖
〜隠流し〜

大杉 耕一
(おおすぎ こういち)

 1,300

46判(330p)

大伴旅人・家持親子が山上憶良から学んだ大国唐の真の姿と万葉集の基となる芸文類聚の秘密とは。万葉集誕生の秘密に迫る歴史浪漫シリーズ第2弾。
令和万葉秘帖
〜まほろばの陰翳 上巻〜

大杉 耕一
(おおすぎ こういち)

 1,200

46判(280p)

『韓人が鞍作の入鹿を殺した』日本書記記載の乙巳の変描写の驚愕の真相が今解き明かされる。万葉集誕生の秘密に迫る歴史浪漫シリーズ第3弾。
令和万葉秘帖
〜まほろばの陰翳 下巻〜

大杉 耕一
(おおすぎ こういち)

 1,400

46判(368p)

憶良と柿本人麻呂の知られざる「言霊の交流」とは?万民が口遊ぶ「いろは歌」に塗り込められた暗号「咎なくて死す」「本を都農の小女」の真相をあぶり出す。万葉集誕生の秘密に迫る歴史浪漫シリーズ第4弾。
令和万葉秘帖
〜落日の光芒〜

大杉 耕一
(おおすぎ こういち)

 1,200

46判(246p)

巨星墜つ!文武の道を極めた大伴旅人がついに逝く。大納言に昇進し京師に帰還する旅人一家。その船旅で回想した波乱に富んだ物語と難波での高安王の色懺悔とは?万葉集誕生の秘密に迫る歴史浪漫シリーズ第5弾。
藤村多希
─明治を生きた産婆─

渡辺 せつ子
(わたなべ せつこ)

 1,000

46判(184p)

西洋医学の知識をベースに、母体を守り新生児の命を取り上げた黎明期の産婆・多希の生涯。女性の自立と命の尊厳を描く。
日本橋の桃青
─若き芭蕉がゆく─

松浦 節
(まつうら たかし)

 1,500

46判(284p)

伊賀上野農人町の金作少年が到達した万人に愛される蕉風の原点とは。若き日の芭蕉を描いた時代小説。
岩佐又兵衛
〜浮世絵を作った男〜

小室 千鶴子
(こむろ ちづこ)

 1,600

46判(358p)

大胆に己をえぐり出し、生命の本質をあぶり出した鬼才・岩佐又兵衛。浮世絵を作った男の生涯を描いた時代小説。
水無月の雨
─細川家騒動─

斎藤 光顕
(さいとう みつあき)

 1,350

46判(302p)

乱世から太平の世への移行期に如何に細川家を存続させるか、それぞれの思惑が交錯し、意地と意地とがぶつかり合う。細川家中を剣術兵法の奥義を通して描き出す。
戦後日本史
─米国の対日政策の歴史─

冨田 和夫
(とみた かずお)

 1,800

46判(308p)

時系列に沿って歴史の連続的・継続的発展を史実にたどり解説した比類なき歴史評論。
春嶽と雪江
─この身はこの君にいたすべきこと─

東 洵
(あずま まこと)

 1,000

46判(148p)

幕末四賢候の一人、松平春嶽。世界の趨勢を理解し日本の進路を舵取りしようとする名君と股肱の臣、中根雪江の波乱にとんだ生涯を描く。
甲江和与、流れ

田島 高分
(たじま たかわき)

 1,000

46判(168p)

信玄の娘と信長の息子、二人の祈りが「言霊」を呼ぶ。
女捨て忍、霊寄せ巫女、戦国の闇に潜む者たち。孤高の城・岩村城で織りなす武田と小田の歴史模様を斬新に書き出す。
定家の文
−百人一首の向こう側−

合六 廣子
(ごうろく ひろこ)

 1,300

A5判(212p)+
カラー口絵4p

「小倉百人一首」「遠島百首」「藤川百首」 贈答歌に埋め込まれた暗号。藤原定家と後鳥羽院との往復書簡から浮かび上がる新たなる風景を読み解く。
長州藩抜荷始末記
−幕末前夜・天下のオウドウモノ村田清風秘録−

津田 恒
(つだ ひさし)

 1,000

46判(158p)

幕末動乱期、銀八万貫という膨大な借財を背負った藩を救うため抜擢された「ヘンクウ」な「オウドモノ」とその仲間たち。ご禁制の海外貿易に活路を見出すべく磯竹島(鬱陵島)に拠点を置き、彼らが取り組んだ秘策とは……。
風の寝屋

森島 令
(もりしま れい)

 1,000

46判(222p)

昭和三十年代、戦争の傷が癒え始めた北の街・函館を舞台に、小学三年生の私と自分らしい生き方を求めて家を出た「小母」との奇妙な関係を描き出した表題作、他二作品収録。
鈴木春信 あけぼの冊子

伊原 勇一
(いはら ゆういち)

 1,200

46判(176p)

吾妻錦絵創始者・鈴木春信と長屋の大家・穂積次郎兵衛の二つの顔を持つ男の異能の人としての足跡をたどる。第21回歴史浪漫文学賞 創作部門優秀賞受賞作品。
利休ノート いしたたき

たぢから こん

 1,000

46判(182p)

侘茶の象徴である「待庵」の発想の原点とは? 堺の街で交錯する二人の与四郎(利休)。 墳墓の石室内での胎内回帰にも似た原体験と求道の道を描き出す。
詩仙堂と昌平黌

口中 治久
(くちなか はるひさ)

 1,000

46判(154p)

京に聳える謎深き二山。
丈山と羅山の去就を探る旅。
畠山重忠 武者の世を創った漢

田口 悠二郎
(たぐち ゆうじろう)

 1,500

46判(234p)

伝説の坂東武者の実像に迫る! 動乱の世を、あざやかに駆け抜けた畠山重忠。 源頼朝、北条義時が最も頼りにした武将。
星巌と紅蘭

木村 正幹
(きむら まさみき)

 1,500

46判(290p)

此の男まさに「詩に(死に)上手」 幕末期の漢詩人梁川星巌とその妻紅蘭、同道し頼山陽が辿った西国への道を歩み菅茶山らと交わり詩嚢を肥やす旅とする。 やがて、時代のうねりに飲みこまれるように京都で尊皇攘夷運動の求心的存在になるが、安政の大獄による捕縛直前に斃れる。
三好長慶の遺命
   −篠原長房士魂録−

三日木 人
(みかぎ じん)

 1,818

46判(302p)

『新・三好長慶伝』の続編、戦国期の阿波に、こんなすごい武将がいた!織田信長を最も怖れさせた知将、篠原長房。その鮮烈一途、波瀾の生涯を描いた感動長編。三好長慶シリーズ第二弾!
トップページへ戻る